スポンサーリンク

日本のボルダリングはユース世代が凄い!!!

日記&雑感

日本のクライミングシーンはユース世代も圧倒的

オリンピック競技にも選ばれたスポーツクライミング

現在第6戦まで進んでいるボルダリングワールドカップでもランキング上位に日本選手が来るくらいボルダリングが強い日本勢ですが、今月のアジアユーズ選手権でも圧倒的な成績をみせました!

多くの世代で上位が取れるということは日本の指導方法が確かだということです

日本が誇れるスポーツとして確立していきたいですね

シンガポールでアジアユース選手権のボルダリング競技が7月7日、8日に行われた。日本チームはファイナルで圧倒的強さを発揮、すべての他国選手を退け上位を独占した。

女子ユースBでは森秋彩が予選をただひとりの5完登で1位、リードに続く2個目の金メダルかと思われたが、ファイナルでは3課題完登で3位となった。
伊藤ふたばが全4課題完登で優勝。大健闘したのが谷井菜月、第4課題を18アテンプトという猛攻で完登し2位となった。菊地咲希も4位に入り、日本人が1位~4位を独占した。

女子ユースAでは予選を全完登した中村真緒が、ファイナルではただひとりの3完登を決め優勝した。
小島果琳は予選2完登、6位での予選通過だったが、ファイナルで大きく順位を上げ2位となった。

女子ジュニアでは高田こころが予選をただひとり4完登で1位通過、決勝では僅差ながらカザフスタンの選手に競り勝ち優勝した。

ユースB男子は日本人選手4名と、インドネシア2名のファイナルとなったが、日本が抜井亮瑛を筆頭に1位~4位を独占した。

そして男子ユースA、極限のバランスとリーチが要求される第一課題を土肥圭太がただひとり完登。
結局この完登が最後まで効き土肥がただひとりの3完登で優勝した。リードが4位と不本意な成績だっただけに執念の優勝となった。

最後の男子ジュニアに関してはこの豪華メンバーである、日本人以外の優勝はありえない。このカテゴリーも日本人が1位~4位を独占することとなった。

9日には、2018年ブエノスアイレス・ユースオリンピックの出場権をかけ、注目のオリンピックフォーマットによる3種複合競技が行なわれる(ユースAのみ)。

*CLIMBING-netより引用

スポンサーリンク

日本人ボルダリング成績

女子ユースB

1 伊藤ふたば(岩手)
2 谷井菜月(奈良)
3 森 秋彩(茨城)
4 菊地咲希(東京)

女子ユースA

1 中村真緒(東京)
2 小島果琳(岐阜)

女子ジュニア

1 高田こころ(鳥取)

男子ユースB

1 抜井亮瑛(奈良)
2 川又玲瑛(栃木)
3 西田秀聖(奈良)
4 竹田 創(宮城)

男子ユースA

1 土肥圭太(神奈川)
2 田嶋瑞貴(三重)
3 中島大智(岩手)

男子ジュニア

1 楢崎明智(栃木)
2 緒方良行(福岡)
3 原田 海(神奈川)
4 中上大斗(福岡)

 人気のユースB以外の世代も大活躍

ボルダリングジャパンカップで一躍人気と有名になった伊藤ふたばちゃんや森秋彩ちゃんが同じカテゴリーで女子ユースBがメディアに取り上げられることが多く人気ですが、ほかの世代も日本選手の活躍は素晴らしく、男子ユースB・男子ジュニア世代も1~4位を独占するなど目が離せません!

 

オリンピックが注目されているクライミングですが、オリンピックが最終目標というよりもワールドカップで世界レベルと戦うことが目標としている選手も多くどの世代にも期待ができます

今後のクライミングの発展に期待しつつ何歳になってもボルダリングを楽しみましょう

コメント