スタッフが教えるボルダリングのコツ 足の使い方まとめ

スポンサーリンク
ビギナー上達編

初心者向けの基本フットワークから紹介

初心者の方から上級者の方までサイトを読んでボルダリングを楽しく続けて上達してもらいたいという願いから始めたボルダリング上達サイト”ALLEZ”

これまで紹介したボルダリング上達のための足の使い方をすべて紹介していくのでボルダリングを始めた方、これから始めようと思っている方は参考にしてください

ボルダリング基本のフットワーク

ボルダリングで最初に重要なのは絶対に足です

初めての人と数回来た人でも足の使い方が違うと上達のスピードが違います

体の使い方や重心の位置など足以外にもいろいろ重要なポイントはありますが、初心者の方にもわかりやすくボルダリングのコツを教えるとしたら足の位置と使い方になります

 

まずは基本のフットワークを知って上達していきましょう

【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング基本的な足の使い方
クライミングで重要なのは足クライミングで重要なのは力よりも重心の位置や足位置というのは以前に挙げた記事でも何となくわかってきたはずですね。今回はその足の使い方について掘り下げて勉強してい...
【初・中級者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ ~ハイステップと手に足~
ボルダリング基本ムーブ ハイステップボルダリング 基本ムーブと攻略法 (PERFECT LESSON BOOK)posted with カエレバ野口啓代 実業之日本社 2017-01...

 

中級者向けの足の使い方

中級者5,4,3級を登れるようになってくると基本からさらに細かい足の使い方が必要になってきます

足限定の課題というがほとんどになってくるため、いろいろなムーブ、いろいろな壁の形状や角度にも対応出来ないといけません。

中級者向けの足の使い方をまとめてあるので参考にしてください

【中級者向け】ボルダリングで4級以上が登れるポイントは足首にあった!!
ボルダリングに必要な足首の重要性と柔軟性ボルダリングは足が重要というのは皆さん知っていると思いますし、フットワークやバランスのとり方なども書いてきました。始めたばかりの方でもスタッフに教えて...

 

ルーフ壁の時の足の使い方はこちらから

ボルダリングの強傾斜・ルーフが苦手な方へのアドバイス
ルーフとは!?ルーフというのはボルダリング用語では壁の形状のことを指し、ルーフ(天井)という意味でかぶりよりもさらに角度がついている壁(180度)のことを言いますルーフは垂壁やスラブはもちろ...

 

スラブ壁の足の使い方はこちらから

【中・上級者向け】スラブを極める3つの方法とコツ
スラブ、緩い傾斜を極めようスラブはどちらかというと好きより嫌いな人の方が多いイメージですよね。うちのジムのスタッフも好きな人ももちろんいますが、苦手っていう方の方が多いです。外岩に登り...

 

 

上級者になってきたり、難しい課題を登るようになると足の使い方はもちろん、体の使い方や保持力・総合的に必要になってきます

 

中級者以上に向けて下半身のトレーニングは必須です!

トレーニングについてはこちらを参考にしてください

3、4級を登るためのボルダリングの下半身トレーニング!
ボルダリング上達には足の使い方がポイントボルダリングをしているとスタッフやジムの常連さんからしつこいくらいに「足が重要」とか「足を使って登る」とよく言われていると思います一言で「足」といっていま...

 

 

足の使い方が分かったら腰のポジションに注目

足の使い方が分かってきたら下半身の最後は腰です

腰の動きや重心を壁を登りながら理解しようとすると初級者だとなかなか難しいです

中級者以上のグレード(3,4級)をチャレンジするようになったら腰を意識して登れるとさらに上達していきますよ

【初・中級者向け】目指せ上級者!ホールドは効かせる・腰で登る
上級者がやっているホールドを効かせるとは?クライミングジムのホールドにはさまざまな形や大きさがあり、持ち方もいろいろあります。持ち方については説明しましたが、ホールドは常に持ちやすく真下...

 

徐々に登れるようになって来たら腰から動けるようになるともっと楽に登れるようになります

 

初めての方はまずはたくさん登ってボルダリングを楽しんで、そこで足の使い方から覚えるようにしましょう

それだけでもすごく上達できますし、腕力だけではないボルダリングの楽しさも分かってきます!

 

今話題の初心者~上級者まですべてのクライマーの教科書になるボルダリング教本

 

コメント