【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング上達の4つの基本

スポンサーリンク
ビギナー上達編

ボルダリングの基本

基本の姿勢が理解できた方は次は登り方の基本

ホールドを取りに行く時にどうやって取りに行くかが重要ですが、まずは取りに行く前にそこでバランス取れてますか?ということが大切です

ホールドを取りに行くということは片手を離すということ、

この片手を離した時に他の3点(片側の手、左足、右足)でバランスが取れていると次のホールドが取りに行きやすくなります

バランスの基本は3点支持

この3点のバランスが取れてないまま次のホールドを取りに行くと片手を離した瞬間からバランスが取れてないため、体全体は落ちたり回ったりし始めます。

落ちる前にホールドが取れればいいのですが、取れなかった場合はあえなく落ちます

バランスが取れないまま落ちるのを防ごうとすると完全に持っている手の力のみで体を支えることになるのでこれもすぐ疲れちゃいますね

腕力がない女の子の場合はほぼ耐えれません

なので取りに行く手以外の3点の支持は重要です

一番バランスが取れているところは手を中心として腰が真下にあり、足は二等辺三角形の位置にあるのが一番良いです

この位置が一番いいですね

この写真の女性も片手を余裕で離せています。しっかりバランスが取れているという事です

まずは一度ホールドをもったら手を離せる足と重心を探して実際に手を離してみよう(ホールドを取りに行くのではなくて手を下におろせると完璧)

簡単な持ちやすい課題でアップのついででやってみるとわかりやすく確実に上達も早いですよ

基本の足の置き方

これもスタッフをやっていると初めての方と何回か登ったことのある方の見分けがつく一つのポイントですね

先に言うとホールドにはつま先で乗るのが大事です

初めての方は全く意識をしないと思いますし、実際つま先で乗れている人は少ないです

ほとんどと言っていいほど初めての方はつま先ではなく、足の裏全体、土踏まずの部分で乗っています

大きいホールドに足全体で乗ると確かに楽ですし、体重がかなり足に乗るので腕の負担も減ります。

ただ全体で乗ってしまうとホールドを取りに行く時、すごく辛くなってしまいます

【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング基本的な足の使い方
クライミングで重要なのは足クライミングで重要なのは力よりも重心の位置や足位置というのは以前に挙げた記事でも何となくわかってきたはずですね。今回はその足の使い方について掘り下げて勉強してい...

体重が足に乗りすぎちゃって次の動作ができません。次のホールドを取りに行くときも腕で引き上げないと体があがってこないので腕力が必要です

歩く時と同じでつま先で重心を移動しながら立ち上がるように登りましょう

 

さらにかかとの方に体重が乗っちゃうと壁から離れてくるので腕の力が必要になってきます。

つまり何も良い事がありません。

 

つま先で立ち上がるように登れるようになると腕で引き上げる必要もなくスムーズに登れるようになります。

バランスを取るということは腕の力ではなく体幹が必要になってきます

ボルダリングをするのに必要なのは腕力や握力ではなくバランスや体幹の方がとっても大事です

運動神経や腕力に自信がない方も登れば登るほどバランス感覚がわかってきて、登れるようになってきます

これは間違いないです!!

1回で楽しかった~となるのではなくボルダリングを続けてみましょう

 

まずは週一でもかなり上達していきいますよ

ボルダリング始めたらまず週1ペース!上手くなりたいなら週3で登るのがベスト!!
ボルダリングは週1ペースで登ると上達するボルダリングを初めていくと高確率で筋肉痛になります。普段使ってない筋肉を使うため、いつもより長く筋肉痛になりますよね。「帰りの運転が腕プルプルでした~...

登り方の基本はこちらからどうぞ

【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ~基本ムーブとフリ(ダイアゴナル)~
ボルダリングの基本ムーブと呼ばれる動きムーブとは?簡単に言えば単純な腕力や保持力で登るのではなく、いかに少ない力の中で登れるかということであります力ではなく体全体の動きで課題をクリアするとい...

家でもボルダリング上達するならこの本が初心者向けでおススメです

腕力に頼らずに体全体を使って登ろう

基本的なバランスと足の置き方がわかったら次はホールドを取りに行くときの基本です。

ボルダリングを初めて行う方は腕力に頼ってホールドを掴みにいってしまいます。

次のホールドを取るために体を腕の力のみで引き上げてしまうため、腕の特に前腕部分ががかなり疲れてしまいます

ここでのコツはホールドを取りに行くときは足の力体全体の力をつかってホールドを取りに行くことが基本的なボルダリングの動きになります

 

体をひねって~ムーブで~という動きを聞いたことがある方もいるかもしれませんが、それよりもまずは足の力で立ち上がるということを先に体で覚えるようにしましょう

 

それだけでもいつもよりかなり楽に登れるようになります

 

運動神経は必要ないボルダリングは続けることが大切

ボルダリングは最初誰でも簡単にはできませんが、少しずつコツをつかめるようになってくると誰でもある程度は登れるようになっていきます

重要なのは”続けること”

腕力に自信がなくても、運動神経に自信がなくても登れるようになっていきます

 

自転車などと同じでできるようになると体が覚えてどんどん上達していきます

前回は難しかったのに今回はすごく楽に登れたという経験がある方も多いと思いますが、それはその課題やホールド、壁の角度など自分が一度経験したことがあることによって体が覚えて無駄な力を使うことなく登れるようになっているのです

 

つまり登れば登るほど、いろんなホールドや動きを経験すればするほど自分に吸収されて生き上達できるのがボルダリングです

続ける時間を作るのは難しいですが、月に2,3回でも続けていけるようにするとすぐ上達していきますよ!!

ぜひボルダリングを趣味にして続けましょう。

 

コメント