イメージトレーニングを高めてボルダリングが上手くなる

スポンサーリンク
ミドル上達編

安定した登りには精度を高めることが大切

ボルダリングではホールドを取りに行く場合にムーブを使います

そしてボルダリングが上手い人ほど、ホールドを取りに行くときの精度が高く、安定した登りが出来ています

精度とは回数を重ねた時にいかに誤差が少ないかということ。

イチかバチかでホールドを取っているのではなく、何回も同じように取りに行くことが出来ると精度が高いということです

精度を高めるにはイメージすることがポイント

ではどうすれば精度が上げれるのか?というと、精度を上げるために一番大切なのは回数を重ねることですが、ただ闇雲に繰り返していても上達はしていきません

もうひとつ大切なのが”イメージ”することです

取りに行くホールドに対して実際に自分が動くムーブ・手を出す軌道をイメージします

そのイメージが出来ているか出来ていないかで、精度に差が出ます

同じ事を繰り返すということは前にした動きを覚えていないと同じ動きには近づくことができずに最初からやり直すことになってしまいます

自分が以前動いた同じ軌道を描いてイメージするということが=精度の高いムーブにつながっていくわけです

軌道をイメージして登るには?

ムーブを安定させて登るために軌道をイメージして繰り返し練習するということは理解していただけたと思いますが、これがなかなか難しい

軌道をイメージして登るのに必要なのはずばり”経験”です

今までボルダリングをしてきた中でどうしても出来ないムーブやどうしても取れなかったホールドがなぜか出来るようになったり取れるようになったりする経験はあると思います

それはホールディングを工夫したり、ムーブでも足の置き方や位置力の入れ方、手の出し方など様々な要素をいろいろ工夫をして自分の動きの軌道が変わったから出来るようになったのです

足の置き方ひとつ変えるだけでも軌道を変えるための要素で、そのどれかのおかげでホールドが取れるようになったわけです。

そうして様々な動きを経験することによって自分がホールドを取りに行く軌道がイメージできるようになっていきます

つまり軌道をイメージするためには自ら経験したいろんなパターンを練習すること、それで得られた経験値が大切になってくるというわけです。

そのいろんなパターンの中から最適なムーブを選択することで効率よく安定したボルダリングが出来るのです

ただ楽しく登る事も大切ですが、上達するためには楽しく登るだけではやはり上達の効率は悪いです。

自分の中にムーブの引き出しを増やすためにも1度登ったことのある課題をもう一度登ってみたり、違うムーブで登ってみたりして自分の経験値を上げていきましょう

デッドやランジ、引き付けてスタティックに行くムーブもいろんな動きに対して軌道をイメージして登ることが上達していく上で大事な一歩です

たまには他のジムに行くことも引き出しを増やすこつ

最初始めたホームジムというのはそのジムのスタッフさんと仲良くなったり常連さんと仲良くなったりして居心地がいいものです。

そういう場所はしっかりとっておいて、たまにほかのジムに遠征に行くのもいろいろなムーブの引き出しにつながります。

壁の角度も違えばホールドも、セッターも違うのでいろいろな課題と出会えると思います。

自分が培った技術を発表するような遠征でもいいですが、新たな発見を探すような遠征もおススメですよ。

コメント