ボルダリングで使うチョークについて基本的な知識を知ろう

スポンサーリンク
クライミングギア

チョークの成分

ボルダリングをするときにつける白い粉

初めてボルダリングする方もジムでレンタルチョークを借りることも多いと思います

この白い粉は『チョーク』と呼ばれていて、主に炭酸マグネシウムから作られています

なぜここのチョークがボルダリングに必要なのかを紹介しましょう

 

勘違いしやすいチョークの用途

チョークってみなさん滑り止めだと思っていませんか?

実はチョークは滑り止めではないんです!!

勘違いされやすいチョークの用途、チョークの主成分である炭酸マグネシウム自体は滑り止めではなく、逆に滑りやすい路面とかに炭酸マグネシウムをまいたらむしろ滑りやすくなります

 

ではなぜチョークが必要なのか?炭酸マグネシウムなのか?というと

 

炭酸マグネシウムは吸収性に優れているからです

つまり手から出る汗を炭酸マグネシウムが吸い取ることで滑ってホールドから落ちるのを防ぐ役割があるのです

チョークの種類

チョークの種類は主に4つほどあります

それぞれに特徴があるので自分にあったものを使うといいでしょう

チョークボールタイプ

一般的に多いのがこのチョークボールタイプ

粉末タイプのチョークを袋の中に入れたものです

チョークが飛散する量が少なく、屋内のクライミングジムに適しています

詰め替えタイプと使いきりタイプがあります

 

 

 

 

ブロックチョークタイプ

チョークが固形になりブロック状になったものです

自分の手に塗るようにしてつけるタイプです。固形で携帯性にすぐれ、あまり飛散しないのも特徴です

しっかりとつけないと付かないため、リードクライミングには向いていないです

人気のブロックチョーク!ブロックチョークのおすすめを紹介
ボルダリング専用ブロックチョーク チョークにはチョークボールタイプ・固形のブロックタイプ・粉チョーク液体チョークといろいろ種類がありそれぞれに使いやすさが変わってきますが、今回はブロックチョークのお...

 

 

液体チョークタイプ

炭酸マグネシウムをアルコールで溶かしたものがほとんどで、液状なので手のシワの奥まで炭酸マグネシウムがなじみやすく、アルコールで手の脂を取るためフリクション性能が長時間発揮します

 

液体チョークは手汗がひどい方にオススメです

クライミングジムスタッフ絶賛おすすめ液体チョーク決定版!
液体チョークとは?? 液体チョークとは粉チョークにエタノールを混ぜたものです 中にはロジンといわれる松脂(松ヤニ)を混ぜたものもありますが、ホールドが汚れてしまうため、ジムによってはロ...

 

 

粉末チョークタイプ

サラサラした粉状のチョーク

腰掛けのチョークバックに入れてリードクライミングをする時などストレスなくチョークをつけることが出来ます

最近のチョークは粉で売っているところも多く、ボルダリングでも活用できますが、粉が飛散してしまうため多くの室内クライミングジムでは使用を禁止されています

クライミングジムスタッフが教える本気の粉チョークのオススメ
スタッフ激押しの粉チョーク チョークの種類については以前書きましたが、今回はその中でも粉チョークについての紹介とたくさんある粉チョークの中でもおすすめの粉チョークを紹介していきます ...

 

 

 

クライミングジムで使うときは注意をしましょう

粉末や固形ブロック、ボールタイプなどでもサラサラしたものもあれば粗いチョークもあります

メーカー等でも質が違う為、いろいろなメーカーのチョークを試すといいでしょう

 

ここで注意して欲しいのはジムで使う時にいろいろマナーを守って使うようにしてください

ジムによっては粉が飛散するため粉末チョークの使用を禁止しているところも多くあります

また液体チョークにも松ヤニが配合されたものがあります

炭酸マグネシウムは水に溶けるので岩場についても落とせますが、この松ヤニは岩やホールドに付着すると簡単に落とすことができません

 

自分が使うチョークに松ヤニが含まれているのならチョークを使うときのマナーに気をつけて使うようにしましょう

コメント