スポンサーリンク

スタッフが教えるボルダリング上達 ~3級オンサイトの為のトレーニング

ミドル上達編

3級オンサイトの壁

色々なムーブを覚えてくると4級をすらすらっと登れるようになってきたあたりで、3級の課題でも少しずつ手応えがつかめてきて、何回もやってくると3級も登れるようになります

それが3級オンサイトとなると話は別です

オブザべや対応力、バランスのとり方など教えてもらってからできるのとはわけが違います

オンサイトについてはこちらから

ボルダリング豆知識!いろいろな完登スタイル
ボルダリングの完登とは!? ボルダリングには完登と呼ばれる言葉があります。 完登とは決められたスタートから登って決められたゴールのホールドで終わる。岩の場合だと、岩の上に立って立ち上が...

今回は3級オンサイトに向けてのトレーニング方法とコツを紹介していきます

スポンサーリンク

保持力アップ!わざと持ち方を悪くして登る

3,4級は保持力が付いていない状態でもムーブや足のテクニックである程度登れるようになります。

保持力が付いてくると全力で保持する必要もなくなるので、ムーブを起こしたり考える余裕が生まれます。そうなることでオンサイトの可能性が上がるので保持力アップをしていきましょう!

保持力アップといえばキャンパスボードトレーニングが浮かびますが、キャンパスボードはまだまだ必要ありません。もっと保持力を上げたい方、2級以上を登るようになると必要になってきますが、3,4級を登る時はキャンパスボードでなくても保持力は十分についていきます。

【上級者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ ~2級を登るためのトレーニング~
上級者への入口 2級課題を登る為のポイント始めたばかりのころは2級や3級の違いなんてどっちも難しすぎてよくわからなかったと思います。今はどうですか?コンスタントにボルダリングを続けてみて、少しずつ...

そこでオススメなのがわざと持ちにくくしてホールドを持って登るトレーニングです。

既に登ったことのある課題をわざとホールドを浅く持って登ってみましょう。指先だけをひっかけるようにオープンハンドで持ち、出来るだけ力を抜いて登る事ができれば自然と保持力がついてきます。

難しい課題を足自由でトレーニングでバランスを知る

自分で登れる限界以上のグレードを足自由で登ってみましょう!

足位置はどんなにガバホールドを選んでも構いません。急に易しくなる課題もあるとおもいますし、持つホールドが悪すぎてそんなに難しさが変わらない課題もあると思います。

重要なのは自分が持てないようなぎりぎりのホールドでどこに足を置けば安定するかを理解することが大切です。

そうすることで3級オンサイトの時にもバランスが悪い状態を知ることができて、対応力がついてきます。

このまま手を出したら落ちるな、今はバランスが悪いなという状態を感じながら同じ課題でも最低3回は登るようにすると上達します。

クライムダウン・オブザべでトレーニング

以前書いた2つの上達方法が3級オンサイトには重要なポイントとなってきます。

クライムダウンをしてゆっくり降りることで拮抗する筋肉を効率よく鍛えることができて、ゆっくり動くことによりインナーマッスルも鍛えられます。

それと同時にケガの予防無駄のないムーブで登れたかどうかを確認できるのもクライムダウンのポイントです。

ボルダリングでクライムダウンしてトレーニングしよう!!
クライムダウンでトレーニングにもケガ予防にもなるみなさんはクライムダウンをしっかりしていますか??クライムダウンをすることによってトレーニングにもケガの予防にもなり一石二鳥になります今ま...

もう一つはオブザべーションの向上。

オンサイトで課題を登るにあたってオブザべは一番の重要ポイントです

何も情報が無い状態で初見のトライで課題を登るということは非常に難しい事です。

それまでの自分の経験値(ホールドやムーブ)の引き出しがあるかないかでも違いますし、自分の動きを理解することも重要です。

手順はもちろん、足の位置や順番、ムーブもいくつか引き出しを作っておいて対応できるように準備を心掛けてから登りましょう!

【中級者向け】ボルダリング上達のコツ オブザベが上手くなる方法とは!?
オブザベ向上でボルダリング上達しようオブザベーションとは?オブザベーションとは日本語で「観察・観測」という意味がありますクライミングの世界では与えられた課題を完登する際に、ど...

3級がオンサイト出来るようなレベルになると、色んなジムでもたくさんの課題が登れるようになってきてさらにボルダリングが楽しくなります。

3級オンサイトを目指してトレーニングして更なる達成感を味わってください!!

コメント