苦手・弱点が多くても成長するボルダリング

スポンサーリンク
上達テクニック

周りと比較しない事が大事

ボルダリングを始めたばかりの人やまだ始めて間もない人は「ホールドが上手くもてない」「保持力がない」とか自分に足りない部分を意識しすぎて出来ない自分がダメだと落ち込んでしまいます

出来ないこと、つまり自分の「弱点」を克服することも上達の秘訣ではありますが、それよりも多くのクライマーは弱点を克服しないまま限界グレードをあげていっている方が多いです

人には元々得手不得手というものがあります。

ボルダリングでいうと引き付け力が弱い、ヒールが苦手、体が硬く足が上がらない・・・といったように苦手な動きも得意な動きもあるのが当たり前です

そこで苦手を克服するのではなく、引き付ける力が弱かったら足の力や動きでカバーしたり、足が上がらないのであれば引き付けて体ごと持ち上げたりというように苦手なことが多くても出来る事を組み合わせれば登れるようになります

ある程度、中級グレードくらいまでなら得意なことだけでも登れますし、伸びていきます。

出来ないからダメという考えをもつのではなく、出来ることを使って楽しく登ればボルダリングの上達には近道となります。

ボルダリングを続けることこそが、唯一の上達方法ともいえるので、出来ることを増やしてモチベーションを向上させていきましょう。

自分で解決方法を見つけたときの楽しさ

得意な動きばかりで続けていると上級者レベルになったときに弊害が出てきます。

細かい一つの動作が出来ないことにより登る事が出来ない課題が増えてくるからです。

しかしそんな時でも自分なりに考えて、解決できるとその計り知れないほどの達成感を味わうことができます。

出来ることを組み合わせて他の人とは違うムーブを考えて工夫してみたり、出来ないことを練習してちょっとでも出来るようにしたりとしているうちに登れるようになってきます。

いろんな壁にぶち当たったときに自分が出来る事の工夫して試行錯誤し解決できると自身の成長に大きく繋がり、最高の気分です。

そんな自分を想像しながらクライミングを楽しんでみて下さい!!

自分自身と向き合えるボルダリング

ボルダリングというスポーツは自分自身としっかり向き合う事の出来るスポーツです

出来ない壁や課題に当った時もそうですし、自分より遅くに始めた自分より上手く強くなっていくことも多くあります。

他の人とはリーチも違えば体重も違いますし、体の動かし方も全然違います。

周りとの比較ばかりしていると自分と向き合うことが出来ません。

対人スポーツと違って人と勝負するわけではないので、自分と向き合い成長を実感していけるのがボルダリング。他の人と比べても何もいいことがありませんよ。

ボルダリングは自分の中にある本質と向き合えることのできる数少ないスポーツだと思っています

自分をしっかり向き合ってボルダリングを長く楽しんでいきましょう。

コメント