ボルダリング映画決定『ラスト・ホールド!』主役はABC-Z塚田で2018年公開

スポンサーリンク
日記&雑感

 A.B.C-Z塚田遼一がボルダリング映画で初主演

 

人気グループ、A.B.C-Zの塚田僚一が、ボルダリングを題材にした『ラスト・ホールド!』(2018年公開予定)で映画初主演を務めることが決定した。塚田演じる大学ボルダリング部の主将が、6人の新入生を迎え廃部を阻止すべく奮闘する青春映画で、新入生の面々にジャニーズJr.の Snow Man(岩本照・深澤辰哉・渡辺翔太・宮舘涼太・佐久間大介・阿部亮平)が決定。塚田は、「今回大役を与えて頂き、後悔だけはしたくないという気持ちで、お仕事以外の時間は全てボルダリングの練習に費やしました。そのおかげで体も締まり、今ではベストマッチョです!!」と意欲を見せている。

気になるストーリーは??

物語は、廃部寸前のボルダリング部主将・岡島(塚田)が大学卒業を控えながらも、新入生を勧誘するところから始まる。苦労して存続に必要な6人を集めることに成功したものの、そろったのは元ドラマーやゲームおたくなど、一癖も二癖もある初心者ばかり。新入部員たちは失敗を繰り返し、自分と向き合ううちに、次第にボルダリングの楽しさに目覚めていくが、インカレ団体戦を前にしたある日、事件が起こる。

 

ボルダリングもついに映画に!!さらにジャニーズ主演

 

2020年の東京オリンピックの正式種目追加以降、最近はボルダリング人気も急上昇中で認知度も高まってきています

ボルダリングジムもものすごい勢いで増えていて、いろんなところでボルダリングができるようになりました。

そして2018年はついにボルダリングを題材とした映画が公開されるそうです!!

映画といえば以前『笠置ロック』を紹介しましたが、こちらとは違い全国スクリーンで上映、さらに主役がジャニーズときたら盛り上がること間違いなしです

日本初のボルダリング映画が公開【笠置ROCK!】
ボルダリング青春映画【笠置ROCK!】 東京五輪でも新種目として注目を集めているスポーツクライミングですが、そのクライミングとロックがコラボを果たす日本初のボルダリング青春映画【笠置ROCK!】の初...

『笠置ロック』も昭島で6/11に上映と順調です

皆さんも見に行ってみてください

 

一体どんな映画でどんなストーリーか気になるところですが、2018年の公開を楽しみにしていましょう

増えるボルダリング人口とスタッフとして

ボルダリングの人気がますます増えています。

オリンピックや映画、去年はドラマ『ゆとりですがなにか?』でも松阪桃李くんが趣味としてボルダリングをしていたのが、記憶に新しいですね

 

人気とともにボルダリングをしてくれる人が増えているのはとてもうれしいことですし、もっともっと人気になってほしいです。

ただそこで終わるのではなく、自分がクライミングジムのスタッフとして出来ることをしっかり伝えていけたらいいなと感じております

ボルダリングの楽しさや奥深さはもちろん、ルールやマナーについてもちゃんと伝えて行くように心掛けていこうと思います

 

ただ登れて楽しいだけじゃなく、周りとのコミュニケーションの中でのマナー、自然の岩場でのマナー等いろいろあります

人気・楽しさだけに目がいってしまうと疎かになりがちな部分から目をそらさずに自分なりに伝えていけるよう努力します

ハマるとどんどん楽しくなるボルダリング!!

皆さんも一度だけではなく続けてみてはどうですか??

 

続けやすくなるような上達のコツはサイトからチェックしてボルダリングジムに行ったときに活かしていきましょう

コメント