スポンサーリンク

クライミングシューズのリソール、バーチとイボルブを細かく比較してみました

クライミングギア

クライミングシューズのリソール

国内で有名なクライミングシューズのリソールやカスタムをしてくれるところはバーチリソールイボルブファクトリーの2つです

他にも京都の凛靴も有名ですが、クライミングに特化したというならばこの2つでしょう

 

以前リソール方法を紹介したので今回はリソールの種類とバーチリソールとイボルブファクトリーを比べてみたので参考にしてください

こちらではリソール方法を詳しく紹介しています。

クライミングシューズのリソールのタイミングと方法を詳しく紹介!
クライミングシューズのリソールとは?リソールとはクライミングシューズのソール(底)の張替えのことです。クライミングシューズを使い込むとソール部分がすり減り、削れたり穴が空いたりしてしまいます...

 

リソールにはリソール(底)や修理の他にもチューンナップやカスタム等もしてくれます

バーチとイボルブの種類を比較してみましょう

バーチリソール

・ソール交換&修理

・ミッドソール(シャンク)を取りはずし

・トゥーラバーの取り付け

・レースアップのベルクロ化

・ヒールの変更

 

イボルブファクトリーリソール

・ソール交換&修理

・トゥーラバーカスタム

・つま先アッパーのほつれ縫い

 

種類の豊富さではバーチリソールに軍配があがりました。

が、普段リソールの次に頼むことが多いとすればトゥーラバーカスタムが多いです。

なのでそんなに大差はないといえるでしょう。

ヒールの変更もする人は少ないイメージです

スポンサーリンク

ソールの種類

リソールでは他メーカーのソールに変更できます

修理以外の目的では他メーカーのソールを使えるという事が一番の利点ともいえるでしょう

シューズの形が合わなくて、履きたいメーカーが履けないという方も多いと思います

そういう方は履きたいメーカーのソールを履ける点でリソールするのもおススメですよ

 

バーチリソール

・5.10 ステルスC4  ステルスONYX

ステルスHF  ステルスMī6

・ビブラム X’S GRIP  X’S GRIP2

 

イボルブファクトリー

・イボルブはいフリクション T-RAX

 

ソールの種類もバーチリソールのほうが豊富です

5.10やスポルティバ、スカルパのソールを試したい方はバーチ

イボルブのソールを試したい方はイボルブという感じになります

ソールについては滑る滑らないよりも滑るという感覚が伝わるかどうかが一番大切とされています

硬いソールも柔らかいソールも試してみて自分に合ったソールを見つけてみましょう

料金

バーチリソール

取扱店・および通販  ¥6600

バーチ持ち込み    ¥5600

 

イボルブファクトリー

リソール      ¥4600

ノーエッジシューズの場合  ¥5600

 

 

返送料やカスタム料などは別途かかりますが、リソールの基本料金はイボルブのほうが安いです

技術等は両店ともに素晴らしいために失敗はないですが、ソールの種類・値段を比べてみてリソールにチャレンジしてみてください

 

新品を買うのもいいですが、履き慣れたシューズがパワーアップするのもいいものです

 

どっちにしても新品のクライミングシューズを買うよりは安いので一度リソールを試してみるのもアリだと思います。

コメント