スポンサーリンク

クライミングシューズのリソールのタイミングと方法を詳しく紹介!

クライミングギア

クライミングシューズのリソールとは?

リソールとはクライミングシューズのソール(底)の張替えのことです。

クライミングシューズを使い込むとソール部分がすり減り、削れたり穴が空いたりしてしまいます。そうなるとホールドをしっかり踏んでいても滑ってしまったり小さい粒のようなホールドだと痛い場合が出てきてしまいます。

 

かといって新しいクライミングシューズを買うのもお金がかかるし、また自分の足に馴染ませるまでの時間もかかってしまいます。

 

そんな時でもリソールだと今まで履いていたシューズなので足型を心配する必要はないですし、新品のシューズを買うよりコストもかからないという2つのメリットがあります

コストはだいたい6000円~7000円と新品の半額以下の値段でできます

足に合うかどうかの心配もいらないので、このシューズを履き続けたいというかたはリソールがおすすめです

スポンサーリンク

リソールするタイミング

リソールするタイミングは人それぞれですが、主にソールが薄くなったときソールに穴が空いた時にリソールを行ってください

ソールが薄くなってくるとゴムの摩擦(フリクション)もなくなっているため、いつもより滑りやすく感じます

今までならすんなり乗れていたホールドでも滑るようになったらソールの替え時です

 

また穴があいているようだとすぐにでもリソールすることをお勧めします

 

穴があいているということはその部分をよく使っているということで、さらに劣化スピードがあがります!

フリクションが悪くなって滑りやすくなったシューズや穴があいたシューズを使っていると思いがけないところですべったり、穴のせいでホールドに引っかかったりして怪我をするおそれがあります。

そういう怪我をする前にもちょっと危ないなと感じたらリソールに出してみるのも一つの手です

 

わからなければホームジムのスタッフや常連さんなどに相談してみましょう

リソールの方法

リソールを行う方法はお店にリソールを頼む場合自分で行う場合があります

今回はお店に頼むリソールの方法を説明していきます

バーチリソール(VAC RESOLE)

バーチリソールは東京にあるクライミングシューズ専門の工房として修理とカスタムチューンナップをメインに扱っています

トップクライマーからファンクライマーまで人気のクライミングシューズ専門店になります

イボルブファクトリー

イボルブファクトリーは愛知県豊田市にあるクライミングジムです

このクライミングジムではリソールも行っており、基本的なリソールからカスタムなどいろいろできます

 

国内でのクライミングシューズのリソールは主にこの2店舗になります

2社を比較してみたので参考にしてください

クライミングシューズのリソール、バーチとイボルブを細かく比較してみました
クライミングシューズのリソール国内で有名なクライミングシューズのリソールやカスタムをしてくれるところはバーチリソールとイボルブファクトリーの2つです他にも京都の凛靴も有名ですが、クライミングに特...

 

リソールを依頼する3つの方法

・宅配便を使って送りリソールを依頼する

近くに取り扱い店がなく、直接持ち込みもできない方、何足かまとめて利用したいという方におすすめの方法です

・直接お店に持ち込んで依頼する

細かいカスタムやチューンナップを依頼したいという方、作業内容をしっかり確認したい方におすすめの方法

取扱店に依頼する

近くに取扱店(好日山荘等)がある方、宅配などの発送作業が苦手で簡単に利用したい方におすすめの方法

まとめ

クライミングシューズはクライマーにとって一番大事な道具になります

ソールもすぐに穴があいたり、磨り減ったりということはなかなかありません。

しかし長いあいだ履いたシューズをすぐに捨てるというのももったいないし、履きやすくなったシューズは愛着がわきます

そういう時はリソールに一度チャレンジしてみて愛用シューズを長持ちさせましょう

 

クライミング上達のために、マイシューズの状態は日頃からチェックしてより良いクライミングライフを送りましょう

コメント