スポンサーリンク

DVDを見てモチベーションアップ!!スタッフおすすめ激選クライミングDVD

クライミングギア

クライミングDVDを見てモチベーションUP

クライミングは実際に自分が登って体を動かしながらコツを掴んだり自らムーブをおこしたりしないと上達しないです。

 

ですが、上手い人のクライミングを見ていると一つ一つのムーブや、ほんのちょっとした体の動き・足の使い方・ホールディング・課題との向き合い方に関すること等、吸収できる得られることが多くあります

 

 

最高のロケーションでのクライミング映像を見ているとモチベーションが絶対あがります

疲れて登れない日やレスト日、DVDを見て強くなるわけではありませんが、モチベーションを高めて自分のクライミングに活かしましょう!

 

 

スポンサーリンク

モチベーションが上がるクライミングDVD3選

僕が実際に持っていて、見るだけでモチベーションが上がるDVDを紹介していきます

外のクライミングに行ったことのある方はもちろん、まだ経験のない方も外岩ってこんな感じなんだとわかることもありますよ

外岩クライマーは絶対見てみよう

 

『Dai’s video Dairies vol.5』

日本最強クライマーの小山田大氏による宮城県・比叡のV15課題

ホライゾンの初登映像を収録

昨年白石阿島が完登し、女性初のV15課題としても話題になった宮崎県・比叡にあるホライゾン(V15/5段+)を小山田大が開拓・初登するまでをまとめた映像作品。

2015年5月に完登したこの課題はこれまでに登った課題のなかで最難というだけあり、延々とルーフが続く。

見た目、内容共にすごいラインで、手数も20手以上あり、ボルダー課題であるものの、まるでルートのような手数である

複雑なムーブを解明しながら少しずつ手数を伸ばしていく様子は難しいルートの攻略の仕方として参考になるくらい。

また、岩場の整備から始まる開拓作業に関してもつぶさに記録されていて、今後の開拓者の参考にもなるだろう

 

昨年一番有名だったホライゾン。ルーフで続く課題はかなりかっこよく、一度は生で見てみたいラインの一つです

完登までの長い間の日々やその姿に尊敬します

クライマーなら一度は見て欲しい作品です

 

『ACTIVATOR』

日本の長野チーム他実力派若手クライマーによるアメリカツアーの収録

中島徹、笠原大輔、橋本今史らの長野チームと去年のボルダリングジャパンカップで優勝した藤井快が加わった、現在の日本を代表するようなチームによるアメリカボルダー・ツアーを収録した作品。

 

ボルダリングの聖地・フエコとビショップがメイン。

フエコでは岩場でのコンペに参戦し、アメリカを代表するボルダラーのダニエル・ウッズとのセッションは今作で見ごたえバッチリ。

藤井さんの安定の登りや、笠原さんの勢いのある登りが印象的

ビショップに移動してからのハイボール群へのトライ映像は精神的な駆け引きが感じられる、臨場感あふれるシーンの連続で、最初から最後までエネルギーに圧倒されます

 

2年連続のジャパンカップ優勝で今一番勢いのあるクライマーの藤井快選手をはじめ、岩での登りは日本屈指の中島徹さん達のクライミングシーンは圧巻です。

見るもの誰もが魅了されるアメリカの岩たちを身近に感じてみてはどうですか??

 

ビショップはクライマーなら誰もが憧れる場所です。是非一度ご覧になってください

 

 

『UFB Ⅲ』

Ultimate fun borudering第3弾。

日本国内の有数な難課題を多数収録してあります

 

毎年のように映像作品をリリースしている竹内俊明さんを中心としたXcAibURの最新作です

ultimatefunBoulderingと銘打った『UFB』シリーズの第3弾で、収録エリアは小川山、瑞籬、鳳来、恵那など日本国内のボルダー課題が満載です。

クライマーも竹内さんを筆頭に、堀創、藤井快、一宮大介さんらが出演しています

 

ほとんどが段課題であるが二段、三段が中心で、今時のボルダラーにとっていい目標になりそうな有名課題が多い。

気合の入ったクライミングが見所です

有名クライマーによる日本国内の有名な課題がまとめてあります

クライミングジムでの中・上級者向けにはちょうどいい目標になる課題が多く楽しんでみることができます

自分が登りたい岩、触ったことのある課題が日本のトップレベルの方たちがどう登るのかも観れるので絶対見て損はないですよ

 

 

シーズンオフ間近

季節的にも雨や気温が高すぎて、本格的な岩シーズンが終了しそうです

室内のクライミングジムでトレーニングに励むと共に、クライミングDVDを見てモチベーションを上げていきましょう

 

 

コメント