最新号!!読んで上達「ROCK&SNOW」でレスト日もボルダリング

スポンサーリンク
クライミングギア

ROCK&SNOW 076 最新号

2017年6月6日にROCK&SNOW最新号が発売されました。

 

特集 日本のクライミングジム505

第2特集 ヨセミテビッグウォールの黄金時代

 

 

日本のクライミングジム505

2008年には96軒だった日本のクライミングジムはこの10年の間に505軒にまで増えました。

今号には505軒のクライミングジムに加え、日本地図に合わせてジムの場所を表記し分布図を作成してあり、さらにその中でも個性的なジムを取り上げて特集されています

 

ジムができるまでのレポートや、ジムのホールドセットの裏話、最新のクライミングホールドも含めて日本の現状が見えるジム特集になっています

 

現在すごい勢いで増えているクライミングジム

飽和状態にもなりつつある県もちらほらあり、顧客の取り合いにもなっている雰囲気でもあります。クライミングをしている人とジムの数があっていないためにここから先のクライミング事業が難しいところですね

 

 

このサイトをご覧になってクライミングを始める人・続ける人が増えてくるとよりうれしくあります

 

 

 

また最新のホールド事情も興味があり、コンペで安定人気のフラットホールドや、aixのハリボテなど詳しく掲載されています

ホールドに興味がある方は一度ご覧になると面白いですよ

 

ヨセミテ ビッグウォールの黄金時代

ROCK&SNOWでは外の特集も多く、今号ではエル・キャピタンがオールフリーで登られるようになった今日に至るまでのヨセミテに刻まれたたくさんの初登撃の歴史を振り返って特集されています

今のクライミングジムでのスポーツクライミングとは違う本来のクライミングスタイルを味わうことができます

 

外岩での経験がない方は少しわかりにくい部分もあるかもしれないですが、クライミングの歴史を知るいい機会でもあります

 

一度目を通せばあまり外岩での経験が少ない方でも当時の感動と興奮が伝わってくる内容となっているので是非読んでみましょう

 

 

 

後半のページにはクライミング道場

特集以外にもしっかりと後半にはクライミング道場のページもあり、今回は”スラブ道場”が掲載されています

スラブが苦手な方は読んでおいて損はないでしょう

イラストで描かれた道場にはなるほど!となる内容が盛りだくさん

ボルダリングにはまっているあなたをまた一つ成長させてくれるはずです

 

 

このサイトでもスラブのコツなど詳しく書いてあるのでよかったら参考にしてください

【中・上級者向け】スラブを極める3つの方法とコツ
スラブ、緩い傾斜を極めようスラブはどちらかというと好きより嫌いな人の方が多いイメージですよね。うちのジムのスタッフも好きな人ももちろんいますが、苦手っていう方の方が多いです。外岩に登り...

 

 

春夏秋冬と1年に4回しか発売されないROCK&SNOWはじっくり読めば読むほど楽しく、クライミングの世界にのめりこんでしまいます

 

登らないレスト日の夜は体を休めながらコーヒーやお酒の共にROCK&SNOWがマスト

 

楽しいクライミングライフをおくりましょう

 

現在の最新ロック&スノーはこちら

 

 

 

 

コメント