スポンサーリンク

ボルダリング豆知識!いろいろな完登スタイル

日記&雑感

ボルダリングの完登とは!?

ボルダリングには完登と呼ばれる言葉があります。

完登とは決められたスタートから登って決められたゴールのホールドで終わる。岩の場合だと、岩の上に立って立ち上がることを意味します

クライミングジムでは岩の上に立ち上がる事が出来ないので、決められたゴールのホールドを両手で持つことで完登となります

ボルダリングでは完登にもいろいろな種類があり、そのことを完登スタイルといいますが、今回はその完登スタイルの種類についていくつか説明していくので、是非参考にしてください

 

スポンサーリンク

オンサイト

オンサイトという言葉の意味は【初見】のこと。

色々な完登スタイルの中でも一番難しく、ジム内でもよく聞く言葉かもしれません。

オンサイトとはそのクライマーにとって初めて登るルートを他の誰かの登りを見る事なく、最初のトライで完登することを意味します

 

誰の登りも見ることが出来ないので、手順や足順も自分で考え、ホールドの持ち方・ムーブ全ての要素が必要になってくるのでいかにオンサイトが難しいかがわかります。

1つのルートや課題につき一度きりしかオンサイトのチャンスはなく、全てのボルダリング力・オブザべ等の実力が試されるのでオンサイト出来るチャンスがあればオンサイト出来るように頑張りましょう

*見るだけでなく情報を知っていてもオンサイトにはなりません。オブザべをしている人がいたら、その人の目の前で登ったりムーブを教えたりなどしないように配慮を心掛けて下さい*

【中級者向け】ボルダリング上達のコツ オブザベが上手くなる方法とは!?
オブザベ向上でボルダリング上達しようオブザベーションとは?オブザベーションとは日本語で「観察・観測」という意味がありますクライミングの世界では与えられた課題を完登する際に、ど...

フラッシュ

フラッシュというのは実際に最初のトライで登れたけれど、自分が登る前に他の人の登りを見た場合のトライの事を意味します(ビデオ等も含まれます)

つまり誰かの登りを見た後に最初のトライで登れた場合オンサイトではなくフラッシュとなります

 

クライミングジムでは他人の登りを見ないようにすること自体が難しく、1撃で完登したほとんどがフラッシュとなる事が多いです

とはいえフラッシュも相当難しいことです。

ムーブはある程度わかるかもしれないが、ホールドの感覚距離の出し方や保持などは全て自分の感覚で確かめれない為、なかなかフラッシュ出来ることも少ないと思います

 

クライミングジムではフラッシュやオンサイトに限らず1回で登れたことを1撃(いちげき)という言葉をよく使うので覚えておくと良いでしょう

 

レッドポイント

レッドポイントはリードクライミングで1つのルートを2回目以上のトライで登る事を意味します。

クライミングジムではたまにボルダリングでも2回目以上で登れたらレッドポイントという言葉を使っている方がみえますが、これは基本的には間違いです。

レッドポイントはリードクライミングで当てはまる言葉で、ボルダリングでは「6回のトライで完登した」という言い方や「完登するのに4アテンプト使った」という言い方をします

*アテンプト=トライ数

 

*リードクライミングでは自分のグレードを示すときに、オンサイトグレードは11bでレッドポイントグレードは12aというような使い分けをしています

 

ハングドッグ

ハングドッグという言葉は現在ではあまり使われていないと思いますが、試登という意味で使います

ハングドッグも基本的にリードクライミングで使う言葉で、ぶら下がってホールドを探ったり、ムーブを確かめたりすることを意味しています

なのでボルダリングで途中から初めて上部を確認したりするという事でも使われますが、意味的には若干違います

 

ボルダリングではオンサイトとフラッシュと完登

色々な完登スタイルを紹介していきましたが、理解はできましたか!?

ボルダリングで多く使われるのがオンサイトとフラッシュと完登です

「この課題オンサイト出来た」「何日も何トライもかけたが、完登できた」というような使い方が多いです

 

ボルダリングに慣れて少し上達できている方で、まだ誰の登りも見たことが無い課題に出会ったらオンサイト出来るように頑張りましょう。

また、どうしても登りたい課題がある時は諦めずに何日もかけて完登するようにすると強くなります

 

コメント