【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング基本的な足の使い方

スポンサーリンク
ビギナー上達編

クライミングで重要なのは足

クライミングで重要なのは力よりも重心の位置や足位置というのは以前に挙げた記事でも何となくわかってきたはずですね

【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング上達の4つの基本
ボルダリングの基本基本の姿勢が理解できた方は次は登り方の基本ホールドを取りに行く時にどうやって取りに行くかが重要ですが、まずは取りに行く前にそこでバランス取れてますか?ということが大切ですホ...
初心者でも大丈夫!スタッフが教えるボルダリングの基本とコツ
ボルダリングの基本 はじめてボルダリングに挑戦すると『意外と持ちやすくて余裕じゃん!』という方もいれば『もっと簡単だと思ってた』という方もそれぞれいると思います これはスタッフをやっていて分か...

今回はその足の使い方について掘り下げて勉強していきましょう

初心者の方と中・上級者では足の使い方にかなりの差があります

必ずつま先で乗る事を意識してボルダリングするようにしましょう

ボルダリングフットワークの基本① エッジング

基本中の基本のエッジングには大きく分けて2つ

インサイドエッジングアウトサイドエッジングです

インサイドエッジング

インサイドエッジングとは最も多く使われるであろう足の置き方で、つま先の先端から少し内側・親指の部分で置くのが基本です

かかとは壁から離すように乗せた方が壁で動きやすく、重心移動もしやすくなります

特に緩傾斜の垂壁・スラブ面ではよく使います

まずはこのインサイドエッジングを使って腕に負担をかけずに立ち上がれるとかなり足使いが上手くなります

焦らずにうまくできるようにしていきましょう

 

アウトサイドエッジング

アウトサイドエッジングはインサイドとは逆側の少し外側、小指の方で足を置きます

フリやキョンなど体をひねって遠くのホールドを掴む場合など主に強傾斜で使われる場合が多いです

インサイドアウトサイド両方で登れるように日頃から足の置き方を意識していきましょう

*レンタルシューズの方はエッジングがしにくい場合があるので、お早めにクライミングシューズを買うことをおススメします*

シューズの性能についてはこちらに詳しく書いてあります

クライミングシューズの性能に一番大切な2つの要素
クライミングシューズ性能に必要な2つの要素 クライミングシューズの性能には重要な2つの要素があります それはスメアリング性能(摩擦力)とエッジング性能です クライミングシューズが柔らかす...

ボルダリングフットワークの基本②  スメアリング

エッジングに関しては言葉で何となく想像が出来る人もいるかもしれませんが、

スメアリングという言葉は全く想像もできないと思います

スメアリングははっきり言って上級者の方もうまくできてない方が多いです

奥が深いスメアリングについて少しでも勉強して練習していきましょう

スメアリングとはスローパーやハリボテ、ホールドがついてない壁などに乗せる時に使う足の置き方で、ソール(靴底)をおしつけるような感覚で置くことをいいます

 

できるだけ靴底の広い面をつかって押し付けるような感覚で、つま先で乗ろうとすると逆に滑って落ちてしまします

壁ごと押し込むように足に力をいれよう

中・上級者になってくると『足限定』の足位置まで決められた課題がほとんどです

足限定の場合で足が一つしか置けないときにもう片方の足は壁になりますが、壁に置く方の足がスメアリングが出来ているとバランスもとりやすくホールドを掴みに行く距離も出しやすくなります

中級者くらいの方だとまだこのスメアリングが上手くできてない方も多いので早いうちから意識して登れるようになりましょう

足の置き方はどれだけ上達してもまだまだ奥が深いです

もっともっと細かいホールドに乗る時や、ルーフ(天井)呼ばれる逆さになる壁の足の使い方などまだまだあるので、一緒に勉強していきましょう

靴選びで悩んでる方はこちらを参考に

初心者向けボルダリングシューズ1足目の選び方の基本
初めてのクライミングシューズ ボルダリングは基本的にいるものは少ないです、用意するものはクライミングシューズとチョークバッグくらいなので手軽にできることもオススメの一つ なのでその唯一といって...

 

 

コメント